How to Use

〜リーフレタスの場合〜

  • Step1苗床をセットする

    最初に、本体底部の水槽を取り外し、水2ℓと、液体肥料10ccを入れます。次に、3枚の苗床トレイを、水槽上部にそれぞれセットします。
    ※以下、日数や個数等は品種により異なりますが、ここではリーフレタスの場合を想定しています。
  • Step2種をまく

    栽培スポンジを1株分ずつちぎり、空気が残らない様にしっかりと水に浸します。それぞれを苗床トレイの穴に適度な間隔と適正な深さで取り付けます。そして、各栽培スポンジのくぼみに、押し込み過ぎず軽く置く様に、種をまきます。
  • Step3水槽を本体にセットする

    コケ(アオコ)の発生を抑えるため、苗床トレイの、栽培スポンジを差し込んでいない穴に、苗床キャップを取り付けます。その後、水槽を本体にセットします。
  • Step4芽がでる

    電源を入れ運転を開始します。リーフレタスの場合、通常、種まきから2~3日程で芽が出てきます。なお、アオコの発生で栽培スポンジが緑色になる場合もありますが、植物の発育に影響はありません。
  • Step5間隔を空けて植え替える

    種まきから約2週間後、未発芽のものや成長の悪い株を、栽培スポンジごと取り除きます。発育の良い株同士は、適度な間隔を空け、苗床パネルの別の穴に植え替えます。こうすることで、十分な空間を与え、より成長を促します。また、空いた穴は苗床キャップで蓋をします。
  • Step6収穫する

    リーフレタスは、種まきから約4週間で、本体内で目一杯杯成長し、収穫可能となります。1株づつ、外側の大きな葉の根元から、ハサミ(または素手)で、順に刈り取りましょう。残した小さな葉は成長を続けます。